シミウス シミ

MENU

頑固なシミに効果が期待できるの?

シミウス,シミ

シミウスで今まで何をしても効果を感じられなかったシミや肝斑を薄くさせるぞ。シミウスは別名ホワイトニングリフトケアジェルとも呼ばれていて高い美白効果が望めます。

 

今、シミや肝斑でお悩みの方から高い支持を得ているのがシミウスなんですね。

 

しかし、一言で【シミ】と言っても種類がある事をご存知でしょうか?そもそも、なぜシミが出来てしまうのか?

 

シミの原因がメラニンである事は広く知られていますね。

 

まずお肌に紫外線が当たるとどうなるのか?皮膚の核の中のDNA が壊されて変異してしまいます。この状態のまま放っておくと細胞が死滅して皮膚がんを引き起こす恐れがあります。

 

それを防ごうと皮膚の一番下のメラノサイトがメラニンを生み出します。このメラニンが周りのお肌から紫外線を守っているのですね。そうなんです、シミの元だと邪険に感じていたメラニンこそ皮膚がんから守っていてくれたのですね。

 

しかし、それが原因でシミが出来てしまいます。このシミの種類を見ていきましょう。

 

主なシミの種類

  • 肝斑

主に頬骨や鼻の周り、額などにできます。左右対称に出て、濃さまで均一ですね。この肝斑は少し不思議なシミなんです、普通シミと聞くと加齢と共に濃く増えていくと思われがちですが、肝斑は違うのです。

 

30〜40代の女性に多く見られて、その後は閉経と共に消えてしまいます。ピルを飲んでいたり、妊娠中の方に多く見られる事から女性ホルモンと関係があると言われています。

 

  • 老人性色素班

おそらくもっとも有名で一般的なシミでしょう。原因は紫外線です。頬骨の高い部分やコメカミなどにできやすく、大きさも大小さまざまです。

 

  • ソバカス

子供の顔にあると言うイメージが強いソバカスですが、紫外線を多く浴びたりすると大人になってからでも濃くでたりします。遺伝の場合も多く、薄茶色で鼻回りや顔の中心にできやすいです。

 

 

上記以外にも脂漏性角化症といって、シミの角化が進行してしまい、イボの様に盛り上がっているシミも有ります。このシミはレーザーでケアするのが好ましいです。

 

このように、自己流の間違ったケア方法だとかえってシミが濃くなってしまったり、肌荒れの原因ともなえり得ます。

 

どうしてもシミが薄くならない、それどころか濃くなって、増えている。シミのケアをし出したら肌荒れをしてしまった。という場合は医師に相談してからケアをされる事をおススメします。

 

シミウスは、まずメラニンを抑制して、お肌に必要な水分、潤いを与えます。+マッサージで美容成分の浸透もアップ。プラセンタ、コラーゲン、シコンエキス配合ですよ。これらの美容成分が角質層奥まで浸透し、シミの元であるメラニンの動きを鈍くさせるのですね。

 

今までのシミ化粧品とは、塗り込むタイプが多かったように思えます。しかし、シミウスはマッサージでお顔全体に成分を浸透吸収させます。シミウスはマッサージジェルとしても優秀ですよ。更に、マッサージでむくみとり、小顔効果も望めちゃいますね。

 

何だか最近シミが出来てきたと言う方。長年シミに悩まされてきて、今度こそは何とかしたいと言う方。ずっと綺麗で若々しく居たいと言う方。シミウスは医療機関も注目している美白ジェルなんですよ。興味を持たれたら公式サイトをご覧になると良いかもしれないですね。

 

>>シミウスの詳細はコチラから

ホワイトニング リフトケアジェル